×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

-

ストロングホールドクルセイダー 攻略レポート

ストロングホールドクルセイダー十字軍の軌跡全50面の攻略その他基本戦術などを徹底レポート。

-

46面 悪夢

46面 悪夢
ランクB:一部速攻可能
46面 悪夢

ピッグ以外全部速攻で倒せる。弓兵を使って上手く敵の君主をおびき寄せればより少ない犠牲で敵国を滅ぼすことができる。

-
速攻のテクニックとセンスが問われる
46面 悪夢

まずは、青スネークを普通に鉄槌兵速攻で倒す。
倒した瞬間の兵力は16・・・。

-

46面 悪夢

だが、その後青スネークが完全に死ぬまでの間に
10にまで減少・・・。(オイオイ)

46面 悪夢

火炎攻撃を仕掛けてくる紫スルタン相手に速攻はもう無理かと思いつつ・・・。
小塔を作り砦の上の火炎投擲兵狙いで弓兵攻撃を敢行し続ける・・・。
すると、思いもよらぬ事に敵の紫君主が単身で乗り込んでくると言う
なんともオイシイ事態が発生・・・。

46面 悪夢

自軍君主&鉄槌兵が駆けつける前に弓兵が全滅してしまったが、
敵君主を塔に閉じ込める事に成功。
弓兵の犠牲は無駄ではなかった!!!
”海老で鯛を釣る”とはまさにこの事か!!!

46面 悪夢

後続の鉄槌兵もこの狭い階段で全員で敵に殴り掛かるには、
敵君主を攻撃設定にするのではなく、
「塔の上へ移動」するような命令を出す。
こうすることで移動途中の敵に自動で殴り掛かるように仕向ける。
無論、全員一斉に敵君主に向かって攻撃を開始する。

46面 悪夢

砦付近以外で敵君主を倒したのはこれが初めてかも知れない・・・。
単身で飛び込んでくるなんて
・・・なんておバカなスルタンさん・・・。

46面 悪夢

黄色ラットは普通に弱いので、普通に鉄槌兵で撲殺。

46面 悪夢

この面では敵AIに与えられる資金が少ない為か、
敵の築城が他の面に比べて遅いように思える・・・。
取り敢えず、次のオレンジライオンを鉄槌兵で攻撃してみる・・・。

46面 悪夢

建物をバリバリ壊しながら後続部隊が到着するまで待つ・・・。

46面 悪夢

もう壊しまくり〜。

46面 悪夢

後続の石弓兵が到着したら、
スルタンの時と同様弓で挑発しまくってみた。
するとライオンハート自身が怒って
またも敵君主が単独で飛び出してくるの図が完成する・・・。

46面 悪夢

石弓兵が逃げたりすると、
敵君主はそれ以上追おうとはせずに、
引き返していくようだ・・・。

46面 悪夢

上手くすればこのようなオイシ過ぎるシチュエーションを演出出来るかも知れない・・・。
しかし、敵の君主はなかなかこちらの思うように挑発には乗ってくれない・・・。
敵君主が単独で飛び出してくるなど非常に稀なのだ・・・。

46面 悪夢

世の中そんなオイシ過ぎる偶然を期待しても仕方ないので・・・。
敵の君主をおびき寄せないで
きちんと砦の上にて普通に葬るやり方を試みてみる・・・。
取り敢えず現時点における総兵力が、
生き残りの鉄槌兵に加えて新規に加えた石弓兵が10人+自軍君主。

46面 悪夢

住民には食糧なしで鉄鉱採掘所で働かせる・・・。
(鬼)

46面 悪夢

石弓兵でオレンジライオンの砦の上の兵を掃討し尽くすの図。
お互いにこんな少ない兵力同士で戦うのも初めてかも知れない・・・。

46面 悪夢

死にぞこないの鉄槌兵団と手負いの自軍君主で最終突撃をかける。
もはや根性の世界・・・。

46面 悪夢

少ないうえにボロボロの状態の戦力と
不屈の闘志と根性でオレンジライオンを倒す。
(もう敵も味方もボロボロ・・・。)

46面 悪夢

その間に・・・食糧なしで鉄鉱を採掘させまくっている本拠地にて・・・。
鉄鉱を売り、僅かながらのGを得て後続部隊を編成していく・・・。
自軍君主も前線の兵たちも、残された住民たちもみんなボロボロ・・・。
まさに「悪夢」のような面になってしまった・・・。(爆)

46面 悪夢

鉄槌兵12人、石弓兵10人+自軍君主・・・。
たったこれっぽっちの戦力で
サラディンの本拠地に果敢に殴り込んでいく我が軍・・・。
セオリー通りまずは敵の兵舎を狙っていく・・・。
もはや、無謀としか思えない暴挙にも見える・・・。
だが、この面では敵AIへの初期資金が少なく、
かなり時間が経ったこの状態においても敵の城は未だ完成を見ない・・・。
これならば・・・と、僅かな勝機に想いを託して戦いを挑んでいくのであった・・・。

46面 悪夢

兵舎を破壊したら、城の周囲の敵兵力を掃討していく・・・。
敵の弓兵に対しては鉄槌兵を、
敵のシミター兵に対しては石弓兵を当てていく・・・。
出来る限り少ない犠牲で敵の戦力を徐々にだが確実に削っていく・・・。

46面 悪夢

鉄槌兵4、石弓兵5・・・。
こうなりながらも敵の砦の上の兵力を石弓で狙いまくる。
すると・・・またしても敵君主が飛び出してきた・・・。

46面 悪夢

敵君主を死地へと追い込み残存兵力全軍をもって
全力でボコる。
基本的には自軍君主vs敵君主の構図に持っていって
それに鉄槌兵にも後からボコらせるというような感じにもっていければ
弱い鉄槌兵も敵に攻撃される事無く攻撃し続ける事が出来る・・・。
(っていうか、砦の上のシミター兵どもは自分の君主を見殺しかよ・・・。)

46面 悪夢

生き残りの兵のボロボロな状態を記念撮影。
鉄槌兵4、石弓兵5・・・しかも手負い・・・。
自軍君主もボロボロ・・・。
いくらなんでもこれで残るピッグを叩けるわけがないので、
これ以降は、真面目に(?)内政して戦力を整えてから挑む。

46面 悪夢

この頃の水色ピッグ城・・・。
ほぼ完全に完成している。
農業も盛ん・・・。
今のままでは逆に攻め込まれたらちょっとマズイ状態・・・。

46面 悪夢

今度は大急ぎで町作りを始める。
住居を建て、木こり小屋を建て資材確保→鉄鉱採掘所もたくさん建てる。
って、すでに民忠誠度50を割っている・・・!!!
マズイ・・・このゲームでは民忠誠度が50を割ると、
住民が城から出て行ってしまうのだ・・・。
食糧配給なしの時間を過ごし過ぎたか・・・っ。
のんびり食糧生産なんてしていたら、住民がいなくなって我が国は滅んでしまうっ・・・。
こういう場合は食糧生産では間に合わないので、
市場から食糧を緊急調達!
同時に食糧生産も開始!!内政も速攻じゃ〜!!!

46面 悪夢

取り敢えず、全種類の食糧をそれぞれ20ずつ購入・・・。
種類は1種類増える毎に民忠誠度修正+1/月・・・。
これだけあればひとまずOKか・・・?

46面 悪夢

この頃・・・サラディン遠征から兵たちが本拠地付近に戻り始める・・・。
水色ピッグの建物を破壊させて、
自軍の建物を建てられる更地を確保していくとしよう・・・。

46面 悪夢

小麦畑を建ててパンの生産を目指してく・・・。

46面 悪夢

ホップ畑→酒造所→酒場、小麦畑→粉ひき所→パン屋・・・。
住居、娯楽施設、宗教施設・・・。
次々と速攻で町が作られていく・・・。
ここはコーエー風に解釈すれば政治力が問われる場面であろうか・・・。
・・・。
スルタンを倒した時の塔は記念に残しておこう・・・。観光名所だ・・・。

46面 悪夢

いよいよ水色ピッグ軍が攻めてきた・・・。
城壁も塔も無い状態ではあるが、
敵が水色ピッグだけならば鉄槌兵の新規生産だけで対応できるハズ・・・。
有利なハズの守り手なのにも関わらず、
よもや野戦を強いられることになろうとは・・・。

46面 悪夢

敵の城を攻略する戦力も整っていない状態だったので、
腹いせに敵の牧場に火を放ってみる・・・。
そして・・・あまり意味が無かったと知るのには
その後さほどの時間を要さなかった・・・。(むなしい・・・)

46面 悪夢

敵の城門が1ヵ所しかないならやりやすい・・・。
この出入り口を弓兵の射程内に収めてしまえば良いのだ・・・。
こうすることにより、敵の農民や労働者は城から出入りできず、
いわゆる「兵糧攻め」の状態が完成する・・・。

46面 悪夢

奴隷を大量に用意してみた・・・。
敵の城の中は落とし穴だらけと判断・・・。
アサシンで開門→奴隷が大量に踏み込む→城内を放火もしくは落とし穴のスケープゴート。
・・・。
可愛そうな奴隷たち・・・。
だが、君たちの死は決して無駄にはしないっ!!

46面 悪夢

Oh!さっそく落とし穴がっ!!
しかも、その後城内に乱入した奴隷たちの中にも
落とし穴に落ちる奴隷続出・・・。(汗)
余談ではあるが、
石川県かほく市の海岸で誕生日を迎えた夫(23)を驚かせようと、
その妻(23)が友人らと共に深さ約2.5mの落とし穴を掘って、
その穴に夫婦ともに落ちて死亡したと言う事件がリアルであったらしいが・・・。
あれ、マジ洒落になってねーじゃん!!
と、思えるくらい「落とし穴」はマジヤバいです・・・。

46面 悪夢

弓兵が敵の塔をちゃっかり利用させてもらうの図。

46面 悪夢

弓兵が敵の塔をちゃっかり利用させてもらうの図2。

46面 悪夢

敵城内に矢の雨を降らせた後、鉄槌兵で突撃・・・。
水色ピッグ城制圧。終了。

目標到達タイム:〜1407年5月
46面 悪夢

この面、『妨害家』とかのインチキ技とか一切なしで、
最後の水色ピッグも含めて全部速攻できる人がいたらマジ凄いと思う・・・。

当サイトはリンクフリーです。
当サイトの内容を無断で複製・転載することはご遠慮願います。
copyright (c) azu2_ All right reserved.